農業

農業を学ぶ

農業を学ぶには、様々な選択肢が存在しますよね。
専門学校、大学の農学部、農業高校の専攻科、農業大学校など、色々あり過ぎて迷ってしまう方も多いのでは無いでしょうか。
普通の高校生が進学先を選ぶとしたら大学の農学部か農業大学校が無難な感じがしますが、これもまた、何を目的として農業を学びたいのか、どのようなジャンルに興味があるのかなどによって学ぶ方法は変わってきます。
家庭菜園が出来る程度の知識が欲しいのであれば、学校にまで通う必要はありませんし、必要な物を購入する際にお店で尋ねれば、大抵の事は快く教えてもらえるでしょう。
農業専門の研究職に就きたい場合や教師になりたいのであれば、独学では難しいですし、大学の農学部に進む方が興味のあるジャンルについて深く学ぶ事が出来ます。
特に、普通高校を卒業した方の場合ですと、農業を基礎から教えてもらえるので、大学か大学校のようなところの方が良いでしょう。
農業高校の専攻科は農業高校の卒業生を対象としていて制限を設けているところがほとんどですので、普通高校の卒業者が入って勉強についていくのは難しいところがあります。
農業高校では卒業した時点で大学校で学ぶ内容の7割程度はすでに学習しているので、逆に専攻科のような場所がベストかもしれません。
このように、どの方法で学ぶのが1番良いという訳では無く、それぞれに対象が異なるといった感じの物ですので、迷った際は自分には何が適しているのかなどを検討してみてください。